3ステップどもり(吃音)解消プログラム・宮崎一哉 内容と口コミ

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」を購入して内容・方法・効果を完全公開します。

 

とてもシンプル、そして精神的な負担が少ない方法で
「自律神経」と「潜在意識」に働きかけ、
吃音(どもり)の改善を目指すプログラムです。

 

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」を購入してみました。

 

テキスト表紙

テキスト内容

 

表紙はシンプルですが、内容はイラストなども数多く、読みやすいマニュアルに仕上がっています。
このマニュアルには「ダウンロード版」と「配送版」が用意されています。
「ダウンロード版」で購入し、全てをプリントするとこれくらいのボリュームになりました。
配送版は冊子の状態に製本されて希望の場所まで配送されます。
(製本・配送料として別途2,100円が必要になりますので、少しでも安く!という方は「ダウンロード版」がお薦めです)

 

ご訪問ありがとうございます。

楽しい会話

 

当サイトでは、吃音カウンセラーの宮崎一哉さんが公開し、
2011年の公開以来、ロングセールスを続けている吃音改善のためのマニュアル、

 

『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』を実際に購入して、
その内容や方法(やり方)について、出来るだけくわしくお伝えしていきます。

 

「だた普通の暮らしを手に入れたいだけ」
「一日も早くどもりから解放されたい」
「普通の人と同じように、普通に話せる自分になりたい」

 

と願っている方のご参考になれば幸いです。

 

 

当サイトだけの特典

 

★ 特典のお知らせはページの最後にあります ★

 

 

マニュアルの詳細をすぐに確認したい方はこちらをクリック⇒ 
わずか1日15分の治療法〜 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

 

宮崎一哉さんの「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」はどんなマニュアルなのか?

 

必要な時間は「1日15分間、そして30日間」。

 

とてもシンプル、精神的にも負担が少ないステップで
自律神経と潜在意識に働きかけ、
吃音の改善に効果が期待できるプログラムです。

 

【マニュアル内容の一部】

 

マニュアルの一部

マニュアルの一部

 

 

マニュアルの概要

 

吃音(どもり)は身体障害などではなく「メンタル」の問題です。

 

吃音の悩み

 

ひと昔前までは、吃音は「発声」や「発語」の問題とされ、
まるで身体障害のように扱われることが多かったんですね。

 

さすがにこうした古い考え方は少しずつ払拭されてきましたけれど、
それでも吃音解消の方法として、いまだに発声練習などをさせる治療法も残っているようです。

 

おそらくこのページをご覧いただいているあなたは
吃音・どもりに関して様々な知識をお持ちの方だと思いますので、
吃音が身体的な原因によるものではなく、精神的な問題に原因があることはご存知だと思います。

 

歌をうたう

 

例えば、

・「ひとりごと」ならどもることはない
・歌をうたっている時はどもらない

といったことを考えてみただけでも、吃音が発声や発語の問題ではないことは明らかですよね。
もし、身体の器官に問題があるのなら、ひとりごとだってどもってしまうはずですから。

 

また「逆説法」という考え方によると、
吃音の方は「どもりたくない」「失敗したくない」という思いが強ければ強いほど
どもりは重症化してしまうのですが、

 

逆に「どもってもいい」「どもってやろう」と思うと、どもれなくなるというのです。

 

このことはこんな実験でも証明されています。

 

・吃音の人に「吃音の人を演じさせる」

 

どもりの人に「どもる演技」をさせようとすると、全くどもれなくなってしまうというんですね。

 

さらに、あなたはこんな経験がありませんか?

 

・お医者さんやカウンセラーの前だとどもらない

 

カウンセリング

 

これは、お医者さんやカウンセラーの前ではどもっても恥ずかしくない、
もしくは、自分の症状を分かってもらうためにはどもった方がいい、と考えているために
かえってどもれなくなってしまうという現象です。

 

つまり、どもってもいい、どもらなくてはいけないと思うと吃音の症状は出ず、
どもりたくないと強く願えば願うほど吃音の症状は悪化してしまうんですね。

 

これらのことを考えれば、吃音の原因は身体のトラブルにあるのではなく、
メンタルの中にあるのは間違いなさそうです。

 

どもりは、必ず「誰かに話しかける」「誰かと話す」という人と接する場面で起きるものですから、
どもりの原因は自分の中にあるのではなく、他人との関係性のなかにあるといってもいいでしょう。

 

吃音の症状は相手があってはじめて発症するものなんです。
一人の時はどもりの症状はでませんからね。

 

「誰かと接する」という行為が、精神に何らかの影響を与えていると考えるのが正しいようです。

 

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」は自律神経と潜在意識に働きかけます。

 

 

どもりの原因は「メンタルにある」ということはなんとなく理解できたとしても、
では、実際に
「メンタル的な原因とはなんなのか?」
「メンタルの問題にどうアプローチすればいいのか?」
という疑問が生じてきます。

 

吃音カウンセラーの宮崎一哉さんの「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」では、
メンタルの問題を「自律神経」と「潜在意識」の2つに特定しています。

 

 

■自律神経の問題

 

自律神経

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」からなっていて、
交感神経は心身のアクセル役となるもので「興奮状態」を作り出すもの、
そして副交感神経は「鎮静状態」を作り出す心身のブレーキ役だといわれています。

 

「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく働くことで
私たちは肉体的にも精神的にも健康に暮らすことができますが、
様々なストレスなどによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、
肉体や精神にあらゆる不調をもたらすようになります。

 

もし、自律神経の乱れが体調に出れば
腰痛や肩こり、便秘、生理不順などの不調を引き起こしたり、
高血圧、糖尿病、がんなどの生活習慣病の原因になることもあります。

 

また、精神面に自律神経の乱れが影響すれば、
自律神経失調症、うつ病、恐怖症、パニック障害などの精神的な疾患となって表れます。

 

警告

いってみれば、これらの心身の不調は、
自律神経からの「警告」のメッセージが表れているといってもいいんですね。

 

警告のメッセージがどのような形で出るかは人それぞれなのですが、
たまたま言葉の問題として表れた場合に、
「吃音・どもり」の症状になると考えられています。

 

吃音は自律神経のバランスの乱れの警告でもあるんですね。

 

 

■潜在意識の問題

 

吃音の原因と考えられているもうひとつのものは「潜在意識」です。
言い方を変えれば「トラウマ」といってもいいかもしれません。

 

例えば、学校などで授業中にみんなの前で教科書を読んだ時や、
大切な取引先と電話をしている時などにたまたまどもってしまい、
その事が強く脳裏に焼きついて、苦々しい記憶として潜在意識に焼きついてしまうのです。

 

頭脳

 

もし、たまたまどもったのが仲の良い友達との会話の中で、
とくに指摘されることもなくサラッと通り過ぎてしまったのであれば、
それはいやな記憶としては全く残らないのですけれどね・・・

 

しかし、大事な場面でどもったり、それを指摘されたりした場合、
どもった時に受けた恥ずかしいという感情が潜在意識に刻み込まれてしまいます。

 

その後、同じような状況や何かのきっかけでそのことを思い出してしまい、
また同じことをくり返してしまうのではないかという不安(予期不安)に襲われ
心身が必要以上に緊張をしてしまうのです。

 

予期不安

 

こうなると日常生活の様々な場面で話をすることが怖くなり、
普通に話せば何でもないのに言葉を選んでしまったり、
全く使い慣れない言葉を使おうとしてしまったりして、自然な会話が出来なくなってきます。

 

これが「どもりたくない」「失敗したくない」と思えば思うほど
余計に吃音の症状を悪化させてしまう要因になっていたんですね。

 

 

このように、吃音の改善には「自律神経のバランス」の改善と
「潜在意識の書き換え」が絶対に必要なのですが、

 

その方法を、誰でも自宅で、簡単に取り組めるようにプログラムしたのが
この「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。

 

必要な時間は1日たった15分、
そして、必要な期間は30日以内だというのですが…

 

その具体的な内容と方法をこのあと見ていきます。

 

 

マニュアルの詳細をすぐに確認したい方はこちらをクリック⇒ 
わずか1日15分の治療法〜 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の内容を詳しく見ていきます。

 

では、続いて「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の内容と
どもりを改善するための具体的な方法を見ていきたいと思います。

 

このプログラムは吃音カウンセラーの宮崎一哉さんが
どもりに関する以下のような仮説に対して、自ら実践することで検証をしてきたものです。

 

どもりの原因とは?

・ どもりは本当に言語障害なのか
・ 発声法を治せばどもりはなおるのか

 

・ 先天的な病であるとは何を根拠にしているのか
・ 過去の出来事がどもりを誘発しているとは本当か

 

・ 極度の緊張は本当にどもりの原因なのか
・ 脳の働きがどもりと深い関係があるのは何処の部分か

 

・ 音楽療法がどもりに効果的なのは何故か
・ 香りの成分が脳を活性化するとはどういうことか

 

・ どもりに自律神経が関与しているのは本当か
・ 呼吸法がどもりを治すとはどういうことなのか

 

これらを踏まえて、このプログラムは大きく分けて3つの章から構成されています。

 

 

第一章 どもり・吃音について
第二章 どもりをなくすための生活習慣
第三章 吃音(どもり)改善への3ステップ

 

 

第一章は、どもり・吃音に関する基礎知識や、
これから進める吃音改善法の事前知識と、取り組む心得などが述べられています。

 

第二章は、タイトルどおりどもりをなくすための生活習慣です。
基本的には自律神経のバランスを整える生活のスタイルということになりますが、
ここで身に付けることが、第三章での吃音改善法を成功させるカギになります。

 

第三章では、いよいよどもりから解放されるための具体的なステップが解説されています。

 

それでは、各章の内容を公開していきますね。

 

第一章 どもり・吃音について

 

◆ どうしてどもりの症状が現れるのか
◆ どもりの起こる経路と原因を探る
◆ どもりを治すために必要不可欠なこと
◆ どもり治療を始める前にあなたに伝えておきたいこと

 

解放感

 

どもりの本当の原因がどこにあるのかが解き明かされていきます。
ここで最も肝心なことは、どもりを治すに当たっての心構え。

 

それは、どもりそのものを「治そう、治そう」と思わないことなんですね。

 

そもそも吃音・どもりとは、肉体的に起きている身体障害ではありません。
心の病がどもりという肉体的な症状として現れているだけなんです。

 

だから、やみくもにどもりを治そうと強く思えば思うほど
潜在意識にマイナスの作用が働き、自律神経の働きを乱てしまいます。

 

どもりを治そう、早く治したい、そう思っていること自体が
どもりの症状を引き起こしているといえるとのこと。

 

ですから、いかに「どもり」という言葉を日々の生活から失くしていくか、忘れていくかが、
どもり改善においてとても重要な課題のひとつになります。

 

焦る気持ちをぐっとこらえて、意識しないことを心掛ける・・・
難しいことのように感じますが、これも「慣れ」の問題なのでしょうね。

 

 

第二章 どもりをなくすための生活習慣

 

◆ どもりを消し去るためのお風呂活用法
◆ どもりの原因である神経の乱れを抑える芳香療法
◆ どもりを消し去る笑い、涙、そして眠りの秘密
◆ 過剰イメージ法でどもりの症状を失くす
◆ 心を鎮める姿勢でどもりを止める

 

入浴

 

どもりを引き起こしている原因のひとつが「自律神経のバランスの乱れ」。

 

自律神経の乱れは、腰痛・肩こり・高血圧・糖尿病・自律神経失調症・うつ病など
心身の様々な不調の原因になることが知られています。

 

そして、その不調がたまたま「話すこと」に表れてしまったのが「吃音」の症状といえます。

 

この第二章では、吃音の要因のひとつである自律神経のバランスを整えるために
「入浴」「芳香(アロマ)」「感情コントロール」「眠り」「姿勢」などを考えていきます。

 

正直なところ、自律神経を整えるリラックス法のようなものは
ネット上や一般の情報でも数多く知ることができると思うのですが、

 

「どもりを改善するために効果がある」という視点から自律神経の調整法を選んでいるのは、
他では見られない、とてもユニークなノウハウになっていると感じました。

 

おそらく多くの方が
「どもりの改善にお風呂やアロマが関係しているなんて…」
「そんなもので吃音が治るはずがない」
「やるよりやらない方がマシ、くらいのことだろう」と
疑わしい気持ちを持つことになると思うのですが、

 

これは、マニュアルの内容を読めば、なぜ効果があるのかはしっかり納得できますし、
意外なほど高い効果が期待できる自律神経調整法になっています。

 

なにより入浴やアロマ、眠りなどは、一切苦痛や努力を必要としないことがありがたいですね。
苦痛のあるものは続けられませんから…

 

喜怒哀楽

 

また、「笑いや涙」についていえば、吃音になりやすいタイプの方は
比較的真面目で完璧主義の方が多いですよね。
あなたにもきっと思い当たる節があると思います。

 

それだけに感情をあまり表に出さないことが多く、
内面にためこんだ感情が行き場を失っていることがあります。

 

だからこそ「笑いや涙」を解放することが、想像以上に「どもりの特効薬」になってくれます。

 

このあとの第三章で、具体的に吃音を改善するステップに進むのですが、
そのステップの中で、この第二章で身に付けたことが非常に大きな意味を持ってきますので、
「お風呂やアロマなんて…」と思わずに、ぜひ積極的に取り入れてみたいところです。

 

 

第三章 吃音(どもり)改善への3ステップ

 

この第三章が、吃音(どもり)を改善する具体的なステップとなります。

 

このマニュアルのノウハウの核になるものなので全てを明かすことは難しいのですが、
この章でのポイントは

 

●「ある呼吸法」
●「音楽による感情の浄化」
そして
●「潜在意識のリライト(書き換え)」

 

の3つといっていいと思います。

 

ここでも、呼吸法や音楽療法というと、効果を疑わしく思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
ともに「うつ病」などのメンタルの疾患の治療に積極的に用いられているもので、
医学的にも効果が証明されているものです。

 

そして、最大のポイントは「潜在意識のリライト(書き換え)」です。

 

潜在意識

くり返しになりますが、あなたが吃音になった原因は
過去にどもったことによって恥をかいた、失敗した、叱られた、辛い思いをした…
などの経験があり、それがトラウマになっている可能性が高いんですね。

 

本人としては「そんな覚えはない」と思っていても、
潜在意識の中には深く刻まれているんです。

 

私たちの意識は「顕在意識」と「潜在意識」に分かれています。

 

普段、自分が意識できている「顕在意識」はわずか5〜10パーセントと言われていて、
残りの90パーセント以上は、本人が自覚していない「潜在意識」の中に収容されています。

 

その対象となる出来事が数時間前であろうと40年、50年前であろうと、
その出来事があなたにとって深刻なものであれば
その度合いに比例して、強く深くその情報は潜在意識に刻み込まれているのです。

 

過去に異性に振られたとか、何か辛い思いをしたなどという情報が潜在意識に記憶されていて、
それに関わる人や場所、匂いや音などが引き金になり、
無意識にその情報が引き出され神経に変調を起こさせるのです。

 

どもりはこれと全く同じプロセスで引き起こされます。

 

だから、吃音の改善に最も重要なことは「潜在意識」に刻まれた苦いトラウマを消し去ること…
いえ、消し去るというよりはまさにリライト、「書き換える」「上書きする」という作業になります。

 

そして「潜在意識のリライト」の具体的な手順が書かれているのがこのパートです。

 

やるべきことは、ちょっとした「ワーク」といった感覚でしょうか。

 

自分の部屋など、ひとり静かに取り組む空間が必要になります。
もし自室がなければ、車の中などで行うのも可能だと思います。

 

ワークに必要な時間は一日15分程度。
これを30日間続けることで、潜在意識のリライトが完了し
吃音・どもり症状から解放されるようプログラムされているのが「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちらをクリック⇒ 
わずか1日15分の治療法〜 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

 

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の評価・口コミ

 

すっきり

 

宮崎一哉さんの『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』の内容やどもり改善の方法を
出来るかぎり詳しくお伝えしてきたつもりですが、
ノウハウの根幹になる部分については公開してしまうわけにはいかないこと、
どうがご了承いただきたいと思います。

 

私も、これまでに数々の吃音改善に関するマニュアルを読んできましたが、
その多くは、ちょっと古めかしい「発音、発語」のトレーニングであったり、
たとえ潜在意識に働きかける方法であったとしても、かなり学術的で難しいものであったり、
まるで依存症やうつ病を克服するような、
つらいメンタルトレーニングを必要とするものだったんです。

 

それに比べると、宮崎さんの方法はとてもプレッシャーの少ない方法で、
しかも、入浴、音楽、アロマといった、
生活の中での「楽しみ」に結び付けていける要素が多いのは、とてもいいなと感じました。

 

どんなに効果的な方法であったとしても、
実践するのが苦痛で続けることができないというものでは、そもそも意味がありませんものね。

 

このマニュアル自体は性別や年齢にかかわらず取り組めるものですけれど、
入浴やアロマ、といった要素を考えると、
女性にも一層オススメのプログラムといえるかもしれません。

 

ディスカッション

 

●特典の「30日間 パーフェクト改善プログラム」がとてもいい!

 

30日間 パーフェクト改善プログラム

 

 

宮崎さんからの特典として「30日間 パーフェクト改善プログラム」が付属しています。

 

この『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』は、
30日間でどもり・吃音の改善を目指していくものですが、

 

その30日間、具体的に、なにをどんな順番でこなしていけばいいのか、
「1日目」「2日目」「3日目」・・・・「30日目」と
毎日するべきことの全てをスケジュール化したものが、
特典の「30日間 パーフェクト改善プログラム」です。

 

これさえ見れば、「あ、今日はこれとこれをやればいいんだな」と一目瞭然ですから、
「出来ない」とか「迷う」ということが考えられません。

 

特に、呼吸法と潜在意識のリライトについてくわしくガイドされているこの30日間のスケジュール、
それらをすべて終えるころには、30日間やりきったという自信とともに、
吃音・どもりの悩みにも、大きな変化がもたらされているかもしれませんね。

 

 

実は「返金保証」が用意されています。で、本当に返金してくれるの?

 

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」は、
販売ページではあまりしっかり表記されていないのですが、
実は「特商法」の表示ページを見ると、以下のように「返金保証」についての記述があります。

万が一あなたがこのプログラムをしっかりと理解した上で、30日間実施したにもかかわらず、何の改善にも繋がらなかった。そして今後一切、このプログラムの内容を実施することはないと仰られるのでしたら、ご購入日より45日以内の場合に限り全額返金をさせて頂きます。

 

で、本当に返金できるのか確認してみると、
購入者は専用サイトから以下のような「返金要請書」をダウンロードすることができるようになっていて
これに記入してFAXで送ることで返金の依頼をすることができるようになっています。
アンケートの項目を見る限り、特に返金へのハードルの高い内容ではありませんから
安心して保証制度を利用することができそうですね。

 

返金保証

 

吃音を改善するための方法は、自力で調べてみるだけでも
一般に売られている書籍はもちろん、ネット上でも様々な情報を集めることはできますよね。

 

ただ、一番の問題になってくるのは、情報が溢れすぎているために
どれを信じてればいいのか、何が自分にとって本当に効果があるのか、
自分で見極めることはとても難しいことですし、すべてを試すための時間もありません。

 

しかも、どれくらい続ければ効果が見えてくるのか、
いつまで続けたら「効果のある、なし」を判断できるのか、
それを知らずに一つのことに打ち込める方は多くないのではないかと思います。

 

宮崎一哉さんの「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」は、
宮崎さんがカウンセラーとして数多くの吃音に苦しむ人に向き合い、
実際に効果が認められ、自分の吃音も克服できた方法をまとめたものです。

 

「30日間」という、吃音改善の目標期間が設定されているのも
安心して取り組める材料になっているのではないかと思います。

 

テキストを読む女性

 

ただ、教材の内容がどれほど優れたものであったとしても、
人の心身に関わることですから、あらゆる人に「絶対に効果がある」といえるものは存在しないでしょう。

 

「たまたま自分の体質には合ってなかった」ということもあるでしょうけれど、
そういう時のためには「返金保証」が用意されていますので、
少しでも興味があればとりあえず試してみて、効果がなければ返金してもらうということもできます。

 

30日しっかり試して効果がなければ返金を申請すればいいのですから、
考えようによっては「30日間は無料で試せる」ともいえます。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちらをクリック⇒ 
わずか1日15分の治療法〜 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

特典付きの「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」お申し込みはこちらから

 

このページ経由で「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

30日で吃音どもりを改善する

 

 

サイト登録宣伝無料AUL 無料相互リンク